|お問合せ|サイトマップ文字サイズ変更 小 |中 |大 |




Loading

臨床栄養部


食事は生命の源である栄養素を補給すると同時に、食品や調理の嗜好を楽しんだり、一緒に食べることによって人間関係をスムーズにするなど、生きる喜びを生み出す機能を持っています。
病院給食では、食事も治療の一環であるという認識を持ち、患者様の病状・栄養状態・嗜好を把握し、疾病の回復に貢献できるよう、個人個人にあった食事提供を心がけています。知りたい情報のある項目をクリックしてください!!

医療法人社団石鎚会 臨床栄養部

各インデックスのタイトルをクリックすると、詳細が表示されます...

食事について・食事一例



食事について・食事一例

【食事の種類】

  • 入院患者様を対象に治療の一環として、医師の指示に基づき、各々の患者様の症状に応じて栄養量を考えた食事を提供しています。特に制限の必要のない患者様への一般食(常食、老人食、軟菜食、産後食)と、治療の必要な患者様のために食材や栄養素の制限などが必要となる特別治療食(糖尿食・高脂血症食・心臓食・妊娠高血圧症食・肝臓食・透析食・脂肪制限食・潰瘍食・貧血食・術後食など)があります。また嗜好にあわせて、個別対応も実施しています。



【選択食の実施】

  • 常食・老人食の方を対象に週3回(火・木・土曜日)、心臓食の方を対象に週1回(月曜日)、昼食のメニューを2種類の献立から選んで頂けます。



【適時適温給食の実施】

  • 朝食7:30、昼食12:00、夕食18:00配膳とし、温かいものは温かく、冷たいものは冷たく提供できるように温冷配膳車を使用しています。



【行事食】

  • おせち料理、節分、ひな祭りなどの行事食を、カードを添えて年間14~15回お出ししています。
  • また併設施設のやすらぎ苑では、行事食とは別に、毎月1回お誕生日会として、特別メニューをお出ししています。



【産後食】

  • 出産されたお母さまに、お祝いのお膳として産後食をお出ししています。



【嚥下食】

  • 嚥下機能に応じて、食べやすいお食事を工夫しております。



【行事食・松花堂弁当・産後食の一例】

栄養指導について



栄養指導について

  • 入院栄養食事指導
  • 糖尿病や腎臓病・心臓病などの患者様のベッドサイドを訪問して行います。入院中の食事を説明することにより、意識をもって食事に慣れて頂き、退院後の食事の目安にして頂ければと考えています。
  • また、退院前には、在宅に戻られてからの参考にしていただけるように、献立をお渡ししています。



  • 外来栄養食事指導
  • 生活習慣病と呼ばれる糖尿病・高脂血症・心臓病などはもちろん、妊娠高血圧症食や小児栄養の相談など様々な栄養相談、栄養食事指導を実施しています。食事療法を通して、患者様の健康回復・疾病予防や再発の防止に貢献できればと考えています。

集団指導:両親学級(第1月曜日)・・・・・予約制となっています。

栄養指導を受けてみませんか



栄養指導を受けてみませんか

「栄養指導は予約制なので再度来院することが、面倒だ!」と思われている方

いつでも栄養指導を受けていただけます。
ご都合が悪ければ、ご予約もできます。(月~金・9:00~17:00)



「忙しくて食事指導を受ける時間がない!」と思われている方

身体は一つです。忙しいからこそ健康回復・疾病予防・再発防止のために
食事療法が必要です。少しだけ時間を作ってみませんか?!



「いまさら食事療法は無理だろう」、「この年になって・・・好きなものを食べればいい」と思われている方

年齢は関係ありません。いつまでも健康でいられるために、まずは出来ることから、
食生活を改善しませんか!



「聞いても守れない」、「外食が多くて無理だ!」、「付き合いが多くて無理!」と思われている方

個人個人にあった改善方法を考えます。最初からあきらめずに、一度話を聞いてみませんか?


単身で、自分で食事をつくっていない方、またはつくれない方

現在の食生活を見直すことから始めます。堅苦しい枠にはまった栄養食事指導ではなく、
本当に実行できることを見つけ出して、食生活を改善し、治療効果を上げることが目標です。
また利用可能なサービスについてもお話します。



「一度話は聞いたので、もう必要ない」と思われている方

食生活は改善されましたか?一度聞いたら終わりではなく、一つ一つ目標を設定して、
気長に改善していくものなので、継続が必要だと考えています。
継続は力なり!再確認&レベルアップを目指しませんか?



メディアで紹介された食品を体に良いと思って食べている方

同じ食品ばかりを摂取するのは好ましくありません。かえって害になる場合もあります。疾病をお持ちの方は医師や管理栄養士に相談されることをお勧めします。個人個人にあった食事を提案させて頂きます。


栄養指導を受けるには



栄養指導を受けるには

まずは、申し込まれた各診療科で診察を受けて頂きます。診察の結果、栄養食事指導が必要と判断された場合は、医師が指示箋を発行してから、栄養食事指導を受けて頂きます。
また、ご自身からご希望される場合は、主治医または看護師までお申し出ください。
家庭で食事療法を行う場合は、ご家族の手助けが必要となりますので、指導の際には内容を理解し、協力して頂ける方の同伴をお勧めします。

初回は食生活についての聞き取り調査がありますので、お時間が30~40分かかる場合もあります。
ぜひ、一度今までの食生活を見直してみませんか!?
臨床栄養部は、皆様のライフスタイルをサポートします。

健康教室(料理教室)



健康教室(料理教室)

健康管理センター6階にあるクレインホールにて、月に一度健康教室を行っています。
生活習慣病予防のための食事についてのお話や、アンチエイジングのお話、おいしい介護食の作り方、お父さんの料理教室など、バラエティ豊かな内容となっています。
どなたでも参加して頂けますので、是非一度、お越しください!

※月によってテーマが違います。詳細は案内をご覧ください。
(問い合わせ:健康管理センター Tel 0774-63-1116)
※料理教室は予約制となっています。(費用;500円程度)


NST(栄養サポートチーム)について



NST(栄養サポートチーム)について

栄養管理は全ての治療法の基盤であり、適切な栄養管理により病気の回復も早まります。
当院のNST(栄養サポートチーム)でも、医師を中心として看護師、薬剤師、管理栄養士、言語聴覚士、臨床検査技師などが専門知識や技術を持ち寄り、患者様にとって最善の栄養管理方法を選択し少しでも早い病気の回復をサポートしています。




※週1回・・・・・各病棟サテライトにて栄養状態の改善が必要な患者様について
          ・会議、ラウンドを行っています。


...

石鎚会グループ
    施設のご案内