|お問合せ|サイトマップ文字サイズ変更 小 |中 |大 |




Loading

臨床薬剤部

ファーマシューティカルケアの実践を目指しています!


当院の臨床薬剤部では、調剤を行うことだけではなく、高カロリー輸液や抗がん剤等の調製や市販されていない薬の製剤、薬剤管理指導、医薬品情報管理、医薬品管理等の様々な業務を行っています。また、ICTやNST、医療安全、がん化学療法といった様々な委員会やチーム活動にも参加し、あらゆる角度から、薬の専門化として医療に貢献し、患者様に対する医薬品の適正使用につながる支援を心がけています。
また、患者様に、医薬品について正しく理解して頂くために様々な方法で医薬品情報の提供を行い、患者様へのサービス向上に努めています。
さらに、当法人では、平成24年度より、従来の「薬剤部」から「臨床薬剤部」へと名称が変更となり、薬剤師の病棟常駐を目指して、チーム医療の中で仕事ができる実力のある臨床薬剤師の育成に力をいれ、患者様や医療スタッフから信頼される臨床薬剤部を目指しています。

○設備

当院では、調剤室、薬品情報管理室はもちろんのこと、高カロリー輸液や化学療法注射剤の混合調製等を行うための無菌製剤室を設置しています。また、業務を効率的かつ安全に行うために、全自動錠剤分包機、全自動散薬分包機、散剤監査システム、服薬指導支援システム、クリーンベンチ、バイオハザード対策用キャビネット等を配備しています。

○調剤業務

処方箋や注射箋に基づいて薬を調剤・投薬することはもとより、用法・用量、相互作用、併用禁忌、配合変化等の処方チェックも行っています。入院調剤を主としていますが、外来患者様からのお薬に関する質問やインスリン等の自己注射の指導に対しても、対応しています。

○注射業務

入院患者様に対して、注射箋に基づいて注射薬を個人別にセットしています。投与量、投与経路、速度等を確認し、薬を混ぜて濁ったり、効果が低下したりしないか配合変化等もチェックしています。また、最近では、薬剤師による注射薬の調製・混合、特に高カロリー輸液や抗がん剤は、適切な環境下で薬剤師が調整を行っていることが求められており、当院でも、高カロリー輸液と抗がん剤等については処方内容確認、調製、監査も含め、可能な限り臨床薬剤部にて調製を行っています。


○製剤業務

医療の複雑性にともない医師が患者様を診断・治療するうえで、一般に使用されている市販の医薬品では十分な効果が得られない場合があります。そこで、病院独自の処方や医薬品の剤形の異なる特殊製剤が要求されることがあります。このような診断・治療の需要に対応するために必要となるのが製剤業務です。製剤を行ううえでは、薬剤師としての薬学的・物理化学的な専門知識を生かして調製方法等をよく検討し、品質のより良い製剤を医療の場に提供するよう努めています。

○薬剤管理指導業務(服薬指導)

薬剤管理指導業務とは、服薬指導とも言われており、入院患者様にベッドサイドで、処方されている医薬品に関する情報提供を行い、正しい認識で正確な服薬が行えるよう指導・説明して、患者様の薬に対する不安を解消し、治療への参加意識を高めることを目的としています。また、患者様自身から得られた薬学的管理に基づいた情報を収集・評価したものを医師・看護師にフィードバックして、医療スタッフの一員として医師の行う薬物治療の有効性・安全性を確保するために、医薬品の用法・用量の適正化を図るとともに、副作用や相互作用を回避または軽減するよう支援しています。現在、病院薬剤師の職能が最も発揮できる業務であり、医薬品の適正使用、患者サービスの向上、チーム医療の充実などに期待されています。また、退院時には、患者様が自宅に帰ってからの医薬品の服用についての注意事項や保管方法などについて、患者様またはご家族に説明を行っております。

○医薬品情報管理業務(DI業務)

近年、情報化社会と言われ情報が氾濫している時代となっています。医療に関してはもちろん、お薬に関する情報も同様で、たくさんの情報が存在しています。当院では、臨床薬剤部に併設して、医薬品情報管理室(DI室)を設置し、患者様に医薬品の適正な使用が行われるよう、医薬品の有効性および安全性に関する膨大な情報の収集と整理を行うとともに、それらの情報を、院内外を問わず、医師をはじめとする医療従事者に対して提供しています。当院において採用されている全ての医薬品に関する情報はもとより、採用されていない医薬品や、処方せんなしで薬局にて購入することができる大衆薬、さらには医薬品に関わらず、農薬・洗剤などの中毒情報も管理しています。医薬品の情報は、製薬会社の医薬情報担当者(MR)やインターネット等あらゆる手段を用いてリアルタイムで収集し、必要に応じて関係部署に情報を発信しています。また、当院には薬事委員会や治験委員会等が設置され、医薬品の採用等の医薬品に関するすべての審議を行っていますが、医薬品情報管理室はこの委員会の事務局も勤めています。また、入院時に持参されるお薬について、お薬手帳に記載されている情報の確認や、普段から内服している薬剤、サプリメント、服薬状況を確認し、持参薬鑑別報告書とともに医師に報告を行っています。

○医薬品管理業務

当院で使用する医薬品の選定を行い、各部署からの請求を取りまとめ、発注を行うことも、臨床薬剤部の重要な業務となっています。医薬品の購入にあたっては、品質を絶対的に優先すること、必要な時期に必要なものを急いで揃えなければならないという「薬」ならではの特殊事情から、きめ細かな管理が要求されます。臨床薬剤部では、院内の医薬品使用が適切で、かつ安心して使用して頂くために、数量管理はもとより、使用期限や品質管理の面でも十分注意を払いながら、緊急の場合でも的確に医薬品が供給されるよう、毎日、在庫を確認し発注業務を行っています。また、法律に基づく医薬品の保管・管理業務として、①麻薬に関する記録・管理、②向精神薬に関する記録・管理、③毒薬に関する記録・管理、④特定生物由来医薬品に関する記録・管理等を行い、また法律に基づいて報告を行っています。

○教育研修・学会活動等

当院は、薬剤師養成のための薬学生長期実務実習受入施設となっており、教育研修活動にも力を注いでいます。また、臨床薬剤部スタッフのスキルアップのための、院内研修会はもちろんのこと、各種学会や学術講演、研修会等にも積極的に参加しています。

...

石鎚会グループ
    施設のご案内