|お問合せ|サイトマップ文字サイズ変更 小 |中 |大 |




Loading

医療安全管理室

○医療安全管理室の設置

医療安全管理委員会において策定された方針等を、組織横断的に院内の安全管理を担うため、医療安全管理部門としての医療安全管理室を設置する。

○医療安全管理者の設置

医療安全管理室に、院内の医療安全管理の推進のため、医療安全管理者を置く。

○医療安全管理者の業務

  1. 医療安全管理室の業務に関する企画、立案及び評価を行うこと
  2. 定期的に院内を巡回し、各部署の医療安全対策の実施状況を検証するとともに、業務改善等の具体的な対策を指導、推進すること
  3. 医療安全対策の体制を確保するため、各部署との連携、調整をはかる
  4. 患者、家族からの相談に応じること
  5. 医療安全に関する教育を人材教育委員会と協働して企画、実施すること

○医療安全対策・感染防止対策の取り組み

  1. 患者誤認対策
  2. 転倒・転落事故防止対策
  3. 安全で快適な医療療養環境の維持と提供
  4. インシデント・アクシデントレポートの原因分析と、対応策の検討ならびに実施評価
  5. 医療機器の安全点検の実施と取り扱いマニュアルの設置及び職員への指導の強化
  6. 医薬品の取り扱いマニュアルの設置及び職員への指導の強化
  7. 患者様・ご家族様へご理解いただけるインフォームドコンセントの実施
  8. 患者様への医療安全や感染対策に関する情報提供
  9. 患者様へ安全性や感染対策を視野にいれた医療材料の提供



リスクマネージャー部会研修『KYT・グループワーク』の様子
 医療安全管理室では、患者様に安全で安心な医療を提供するために、医療安全管理委員会をはじめ医療安全に関連する各委員会、巡回、医療安全管理室だよりを通して、情報共有をおこなうとともに、連携、調整を図る役割を担っています。また、インシデント・アクシデントレポートの分析、対策の検討ならびに実施評価をおこない再発防止に努め、より安全な医療を目指すべく活動しています。
 医療安全は職員皆で作り上げるものであるため、一人ひとりの危機意識を高め、質的向上に努めるとともに、危機管理能力を身につけるための職員教育として、定期的に研修・講習をおこなっています。

石鎚会グループ
    施設のご案内