|お問合せ|サイトマップ文字サイズ変更 小 |中 |大 |

Loading

HOME > 医療介護支援センター/介護サービス > 介護保険のサービスを利用するには...

2017-06-09

介護保険のサービスを利用するには...


要介護・要支援認定の申請が必要です。
サービスを利用するには、市町村に申請を行い、「介護や支援が必要である。」と認定を受けなければいけません。手続きは、次のとおりです。

申請
保険者の介護保険の担当課に申請書と介護保険被保険者証(40~64歳の方は健康保険者証)を提出します。
  *本人や家族以外にも、地域包括支援センターや居宅介護支援事業所、
   介護保険施設などで代行ができます。

訪問調査等


・訪問調査

  • 認定調査員が自宅等を訪問し、心身や生活状況などの聞き取りを行います。



・主治医意見書

  • 主治医に心身の状況や生活機能に関する意見書を作成していただきます。主治医がいない場合は、市町村が指定する医師の診察をお受けいただきます。


審査判定


・一次判定

  • 訪問調査と主治医意見書の結果をもとにコンピュータによる判定を行います。



・二次判定

  • コンピュータによる一次判定の結果と主治医意見書をもとに、介護認定審査会にて、介護の手間のかかり具合や状態の維持・改善の可能性について判定します。

認定


認定結果通知書と認定結果が記載された新しい被保険者証が自宅等に届きます。

契約
居宅介護支援事業所のケアマネジャーと契約を結びます。

調整
本人の状態や本人、家族の意向を踏まえた上で、ケアマネジャーと必要なサービス等を相談し、調整を行います。

利用
サービスを開始します。

当法人の介護保険で利用できるサービスは、以下のとおりです・・・