|お問合せ|サイトマップ文字サイズ変更 小 |中 |大 |

Loading

ドックMenu

肺ドック

検査項目

身体計測
身長・体重・BMI・血圧測定
細胞診
喀痰検査
呼吸器系
肺機能検査・胸部CT検査
肝機能 検査
AST(GOT)・ALT(GPT)・
ALP・LD
炎症反応
CK・CRP定量
血液学 検査
赤血球数・白血球数・ヘモグロビン
ヘマトクリット
腫瘍  マーカー
SLX・SCC抗原・NSE・CEA
サイトケラチン19F(シフラ)
診察・ 問診
診察・問診
説 明
結果説明

マルチスライスCTは検査がラクです

微細病変の早期発見
通常の6倍以上の広範囲な領域をスキャンすることができます。

撮影時間の短縮による被爆量の大幅な低減
肺30cmの撮影時間はわずか6秒です。



従来のCT検査では検出能力に限界があったため、得られなかった診断情報をも得られるようになっています。



レントゲン写真では 肺は正常に見えても...


CTで撮影すると肺がんが見つかりました

このような方には肺ドックの受診をお勧めします

  • 喫煙する
  • 喫煙歴がある
  • 男性・女性ともに50歳以上
  • 家系内に肺がんや他のがん患者がおられる
  • 粉塵の多い環境でお仕事をされている
  • 痰や咳がよく出る

《最新医療機器を使って更なる安心を!》


X写真では心臓に重なっていて腫瘍が分かりません。

X線検査では骨や心臓などに重なった腫瘍や  2cm以下の小さな腫瘍、範囲の狭い肺気腫なども早期に見つけることは困難です。


CTで見ると心臓に重なった腫瘍も発見できます。


CT検査では輪切りの写真を撮影できます。よって、重なりを排除し薄いスライスで撮影することが出来るため5mm程度の腫瘍から早期の肺気腫まで見つけることが可能です。

X線検査では分からずマルチスライスヘリカルCTで見つかった腫瘍

  • 日本人の死亡原因の1位はがんです。その中でも肺がんは男性1位、女性3位であり、増加傾向にあります。
  • 肺がんの原因の1位は喫煙ですが、男性で7割、女性だと2割程度が喫煙によるものといわれています。
  • 肺がんは喫煙者のイメージがありますが、非喫煙者の方の多くも肺がんになる可能性があります。
  • 特に下記の条件に当てはまる方が肺がんの恐れがあります。
  •   ○喫煙指数 600以上 (一日の喫煙本数×喫煙年数)
  •   ○身近にタバコを吸う人が居る
  •   ○アスベストの吸引歴がある
  •   ○血縁者に肺がんの人が居る
  •   ○息苦しさや発熱がある
  •   ○咳、痰が続く
  •   ○深呼吸すると胸が痛い
  •   ○年齢が50歳以上の方
  • 当健診センターでは最新医療機器マルチスライスヘリカルCTだけでなく、腫瘍マーカー、喀痰検査、
  • 肺機能検査などにより、肺がんだけでなく肺気腫や慢性気管支炎(COPD)、肺結核など様々な
  • 病気を発見することが可能です。


肺ドック

 身体測定  血圧測定  肺機能検査  胸部マルチスライスヘリカルCT検査



 血液検査(腫瘍マーカー)  喀痰検査 

                       ¥29,400

 一般ドックにオプション追加される場合
                       ¥26,250


《お申し込み・お問い合わせ》

  • 医療法人石鎚会田辺中央病院健康管理センター
  • TEL 0774(63)1116