|お問合せ|サイトマップ文字サイズ変更 小 |中 |大 |




Loading

形成外科

形成外科は外傷、腫瘍、あるいは先天性に生じた組織欠損を手術により修復し、QOL(生活の質)を改善させることを目的とした外科の一分野です。

○診療内容

○皮膚腫瘍(ほくろ・あざ・ガン)
 良性のものから悪性のものまで広く対応しています。


○熱傷(やけど)
 浅いやけどはもちろん、広範囲や深いやけどで手術(植皮)が必要な場合にも対応します。


○ケロイド・瘢痕
 外傷や手術の傷跡が目立ったり、痛みやかゆみの原因になることがあります。
 症状により薬剤で改善する場合と手術が必要な場合がありますので、外来でご相談ください。


○褥瘡・皮膚潰瘍
 長期に臥床した場合や、様々な原因で皮膚に潰瘍が生じることがあります。
 深い潰瘍になりますと、ご本人はもちろんご家族の負担も大きくなります。
 手術により治療期間の短縮をはかります。


○顔面外傷
 顔の外傷を放置しておくと、ひきつれや変形の原因となります。そうならないよう、当科では新鮮外傷に積極的に対応しています。また、大きな力により顔の骨が骨折すると、物が二重に見えたり、歯のかみ合わせが悪くなったりすることがあります。形成外科では顔の外傷を総合的に治療します。


○乳房再建
 乳ガンの治療を受けられた方で、再建を希望される場合はご相談ください。
 ご自身の組織で再建しますが、ご希望によりインプラントで再建することも可能です。


○先天性の異常
 口唇・口蓋裂では言語、かみ合わせ、外観などが問題となり、小耳症をはじめ耳の変形では聴力が問題となることがあります。当院では京都府立医科大学 形成外科・耳鼻科・歯科と連携してこれらの問題解決をはかります。また、合指症や多指症など、手足の指の異常についても対応いたします。


○その他
 眼瞼下垂や巻き爪など、お困りの時にはお気軽にご相談ください。

 

○常勤医師

西野 健一(にしの けんいち)
出身大学:京都府立医科大学
専門医等:日本形成外科学会 指導医
日本形成外科学会
     皮膚腫瘍分野領域 専門医
     日本創傷外科学会 専門医
     日本オンコプラスティックサージャリー学会
     エキスパンダー/インプラント基準医師  など  
所属学会:日本形成外科学会
     日本形成外科手術手技学会
     日本創傷外科学会
     日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会
     日本眼瞼義眼床学会  など

...

石鎚会グループ
    施設のご案内