|お問合せ|サイトマップ文字サイズ変更 小 |中 |大 |




Loading

消化器センター(消化器内科)

当田辺中央病院消化器内科は、京都府立医科大学消化器科内科の強力な応援体制の下、あらゆる消化器疾患の診断、治療に努めております。

各種消化器疾患の診断はもちろん、食道・胃・十二指腸・大腸・肝・胆・膵等、特に内視鏡を用いて、各種消化管がんの早期発見に努めるとともに、大腸ポリープ切除術をはじめとする種々の内視鏡的治療を施行しております。


京田辺市地域の基幹病院としての自負を持って夜間等の処置におきましてもオンコール体制のもと、365日対応し、地域の皆様が、安心して最適な医療を受けて頂けます様、スタッフ一丸となって、邁進して参ります。

○診療体制

常勤医師1名、京都府立医科大学消化器内科からの非常勤医師2名で診療を行っています。
外来は、月・火・水・木・土曜日
再診予約制も実施しています。(*お電話にてお問い合わせください)
専門外来としましては、肝臓外来(毎週金曜日)を実施しています。

○常勤医師

副院長
福田 新一郎(ふくだ しんいちろう)
京都府立医科大学医学博士
出身大学:京都府立医科大学
専門分野:消化器内視鏡治療
専門医等:日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医、
     日本大腸肛門病学会専門医、日本消化器内視鏡学会指導医
     日本大腸肛門病学会指導医、日本内科学会認定内科医、
所属学会:日本内科学会、日本消化器病学会、日本消化器内視鏡学会、
     日本大腸肛門病学会、日本消化器がん検診学会、日本人間ドック学会

消化器内科医長
石丸 敦史(いしまる あつし)
出身大学:金沢医科大学
専門分野:消化器疾患(特に内視鏡検査・治療)
所属学会:日本内科学会、日本消化器病学会、日本消化器内視鏡学会

...

石鎚会グループ
    施設のご案内