|お問合せ|サイトマップ文字サイズ変更 小 |中 |大 |




Loading

心臓血管センター(循環器内科)

「人間は血管と共に老いる」と言われています。日本がこれから迎える超高齢化社会では、特に動脈硬化を基盤とする心臓・脳血管疾患、その他の血管病が激増するものと思われます。私どもはこれからの超高齢化社会での医療ニーズに対応すべく、いち早く平成21年に心臓病、高血圧、血管病を中心に診療を担当する「心臓血管センター」を開設しました。当センターは心疾患の急性発症に備えて休日・時間外を含めた24時間での循環器専門医による診療体制が特徴でもあります。
京都府南部山城地区では「心臓血管センター」は皆無に等しい状況です。このセンターの開設を機会に、私どもは地区の住民の方々に「安心・信頼の医療」を提供できるように努力を重ねてまいります。

○診療内容

心臓とこれに繋がり全身に血液を送る血管の病気の診療を主に担当します。以下にその代表的疾患を示します。


<心臓の病気> 虚血性心疾患(心筋梗塞、狭心症)、心不全、不整脈、心臓弁膜症、
        心筋症など


<高血圧>   本態性および二次性高血圧症

<血管の病気> 下肢閉塞性動脈硬化症、頸動脈狭窄症、腎動脈狭窄症、大動脈解離・動脈瘤
・・・・・・・・内シャント閉塞症、深部静脈血栓症、下肢静脈瘤など


<睡眠障害>  睡眠時無呼吸症候群

<そ の 他>   職場、学校検診後の心電図異常等の二次精検など

○診断法と設備

心臓ならびに血管の病気が疑われた場合は、まず診断のための検査が必要となります。検査には外来で可能なものと入院が必要なものがあります。以下、当センターで実施している主な検査を示します。

<外来スクリーング検査>  心電図検査(安静12誘導、24時間ホルター、イベントホルター)
              心臓超音波検査(体表、経食道)
              血管超音波(頚動脈、下肢動・静脈、その他)
              脈波検査
              64列コンピューター断層撮影検査(CT)
              核磁気共鳴画像検査(MRI) 

<入院精密検査>      心臓カテーテル検査
              心臓電気生理学的検査
              冠状動脈造影・左心室造影検査
              大動脈・頚動脈・末梢血管造影検査

○取り組んでいる治療法

病気は各個人によってさまざまな症状があり標準的な治療法もそれぞれ異なります。当センターでは、全ての患者さんに食事、禁煙、節酒、運動等の一般生活指導また必要な内服治療を先行させます。しかし、病状が中等度以上に進行した場合には、より積極的な治療が必要となります。そのような場合、当センターでは身体への負担が少ないカテーテル治療を第一選択として実施を計画します。以下にその治療法(一部予定を含む)を示します。

  • 冠状動脈拡張術・ステント留置術
  • 冠動脈血栓溶解術
  • 下肢動脈拡張術・ステント留置術
  • 頚動脈ステント留置術
  • 腎動脈拡張術・ステント留置術
  • 下肢深部静脈血栓吸引除去術
  • 下大静脈フィルター留置術
  • ペースメーカー植込み術、電池交換術

<<冠度脈拡張術・ステント留置術の説明と実例写真>>


動脈硬化により狭くなった冠動脈に向けて、先端に折り畳んだステント(網状の金属性の筒)が装着されているバルーン・カテーテルを挿入します(下段左)。その先端部を狭くなった冠動脈の病変部に一致させてバルーン部を10-20秒間かけて6-12気圧で膨らませます(下段中央)。その後、バルーン・カテーテルを収縮させて抜去すると、ステントが血管内で膨らみ狭かった冠動脈が拡張されることになります(下段右)。この治療を経皮的冠動脈形成術・ステント留置術といいます。

○診療実績

項   目 平成22年 平成23年
心臓カテーテル・冠動脈造影検査 218 201
冠動脈拡張術・ステント留置術 113 97
急性冠症候群(心筋梗塞・不安定狭心症) 27 20
末梢動脈・腎動脈・頚動脈造影 26 30
下肢動脈拡張術・ステント留置術
30 33
頚動脈ステント留置術 1
内シャント拡張術 36 45
IVCフィルター 6 4
ペースメーカー植え込み術 16 17

○連携先医療機関

当センターの受診を希望される方は,かかりつけ医の先生よりの紹介状を持参してください。治療が終了し、病状が安定した後には再び紹介先での診療を継続して頂きます。
心臓や血管の外科的手術や血管再生術を目的とした細胞移植医療などの高度先進医療の対象患者さんには京都府立医科大学病院などへ紹介させていただきます。

○診療スタッフ

院長、心臓血管センター長
古川 啓三(ふるかわ けいぞう)
出身大学:京都府立医科大学
専門分野:心血管インターベーション、心不全、心筋症
専門医等:日本内科学会認定内科医・指導医
     日本心血管インターベンション治療学会認定医
     日本心臓リハビリテーション学会 リハビリテーション指導士
     日本内科学会認定総合内科専門医、日本循環器学会循環器専門医
     日本心血管インターベーション治療学会専門医
     日本医師会認定産業医、日本体育協会認定スポーツドクター
所属学会:日本内科学会、日本循環器学会、日本心臓病学会
     日本心臓病リハビリテーション学会、日本救急医学会
     日本心血管カテーテル治療学会

循環器内科部長
西尾 学(にしお まなぶ)
京都府立医科大学医学博士
出身大学:京都府立医科大学
専門分野:心血管インターベンション、循環器全般
     末梢血管インターベンション
専門医等:日本内科学会認定内科医・指導医
     日本循環器学会循環器専門医日本内科学会認定総合内科専門医
     日本医師会認定産業医、日本心血管インターベンション治療学会認定医
     日本心臓リハビリテーション学会認定心臓リハビリテーション指導士
所属学会:日本内科学会、日本循環器学会
     日本心血管インターベーション治療学会
     日本心臓リハビリテーション学会

循環器内科医長
西澤 信也(にしざわ しんや)
京都府立医科大学医学博士
出身大学:関西医科大学
専門分野:心血管インターベーション、心不全
専門医等:日本内科学会認定内科医・指導医、日本循環器学会循環器専門医
     日本内科学会認定総合内科専門医日本医師会認定産業医、 
     日本心血管インターベンション治療学会認定医
所属学会:日本内科学会、日本循環器学会、
     日本心血管インターベーション治療学会、日本心臓病学会

循環器内科医員
山本 啓太(やまもと けいた)
出身大学:京都府立医科大学
専門分野:循環器全般
専門医等:日本内科学会認定内科医、日本循環器学会専門医
所属学会:日本内科学会、日本循環器学会

応   援: 山田 浩之   所  属:京都府立医大循環器腎臓内科・講師


     : 中村  猛   所  属:京都府立医大循環器腎臓内科・講師

...

石鎚会グループ
    施設のご案内