|お問合せ|サイトマップ文字サイズ変更 小 |中 |大 |




Loading

リウマチ科

○対象疾患

  • 関節リウマチとリウマチ関連疾患

○診療体制

  • リウマチ指導医1名・リウマチ専門医1名で診療を行っています。初診の方だけではなく他院で治療中の方も診療を行っています。

○担当医師

  • 北條 達也 医師(日本リウマチ学会 評議員 専門医)
  • 小川 博之 医師(日本リウマチ学会専門医、日本リウマチ財団登録医)

○診療時間

  • 北條 医師 毎週火曜日 9:00―11:30(予約制)
  • 小川 医師 毎週月曜日 9:00―15:00(予約制)

○診療内容

関節リウマチは、膠原病(こうげんびょう)といわれる免疫異常(自己免疫疾患:本来は細菌・ウイルスや腫瘍などの自己と異なる異物を認識し排除するための役割を持つ免疫系が、自分自身の正常な細胞や組織に対して過剰に反応して攻撃を加えてしまうことで症状をきたす疾患の1つ)です。関節周囲を主な発症部位とし、腫れ・こわばり・痛みなどと全身のだるさなどの体調不調を感じることもありますが、症状はさまざまで診断が難しい場合もあります。血液検査(CRP、赤沈、RA因子、抗CCP抗体等)や画像診断(X線・MR検査―早期の関節リウマチに伴う滑膜炎が疑われる際には造影MR検査を行っています)などを行い総合的に判断します。
従来は抗リウマチ薬で病気の勢いを沈静化し関節の破壊や進行を抑えるのが治療目標でしたが、近年は生物学製剤による薬物療法で臨床的寛解(関節の腫れや痛みがほぼなくなってしまうくらいの改善)やそれ以上の効果が期待できることもあります。生物学的製剤による薬物治療には感染症などの合併症を伴うことがあり、専門科部門(循環器科、高血圧科、糖尿病代謝科、消化器科等)の専門医師とともに診療にあたっています。
変形が進行して薬物治療の改善が期待できない関節には装具により日常生活を改善したり、手術治療による関節機能の改善をお勧めしています。


<担当医師より>
発症する関節部位や全身の症状も個々に異なるため総合的に診療し的確な診断と病状の把握が重要です。薬物療法も個人によって有効性が異なりますのできめ細かな治療が大切です。生物学製剤は有効な薬ですが、治療費が高額になりやすいため費用の公的補助の相談を行っています。リウマチ患者様の関節機能の維持・回復に欠かせないのがリハビリテーション治療です。当院では日本リハビリテーション医学会専門医のもと理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語療法士(ST)とともに日常生活改善をめざしたリハビリテーションを行っています。

 

...

石鎚会グループ
    施設のご案内