|お問合せ|サイトマップ文字サイズ変更 小 |中 |大 |




Loading

脊椎センター

対象疾患は、頚椎から腰椎まで背骨を中心とする疾患です。手足の麻痺や痛みなどの原因となる脊椎脊髄疾患に対して、詳細な検査を行い、ブロックや手術等の適切な治療を実施します。患者さんの日常生活動作の障害を取り除いて、快適な生活を過ごせるようになって頂く事が、脊椎センターの目標です。

○生活の質に関わる脊椎疾患

『腰』は、月(にくづき)の要(かなめ)の通り、我々にとって重要な体の器官の一つです。急性腰痛症(ぎっくり腰)程度なら数日の辛抱で済みますが、ひとたび神経痛が生じると、悶々とした日々を送る事になり、仕事もままなりません。ひどい時には、痛みだけでなく、足の力が入らなくなり、ついにはおしっこさえ出せなくなる事もあります。普段は意識することのない背骨ですが、変調を来すと生活にひどく悪影響を及ぼします。『首』についても、肩こり程度ならまだしも、手指の自由が効かなくなり、箸が使えなくなったり、字が書けなくなったり、しまいには自分で立てなくなったりする事があります。御本人にとっては大変な問題ですので、脊椎疾患は適切なタイミングで適切な治療を行なう事が極めて重要です。神経症状の程度や経過、社会的背景などからベストと思われる治療法を選択し、確実に実施するために、当院では専門的な立場で治療を行なう脊椎センターを設立致しました。

○当センターの治療方針

脊椎センターでは、CT、MRI等の機器を用いて、脊椎疾患の正確な診断を行います。診断には画像所見だけではなく、詳細な臨床症状の把握が大事なのは言うまでもありません。症状経過に応じて、ブロック等の積極的な保存的治療や手術的治療を選択します。一口に手術といっても、侵襲の軽いものから高度なものまで種々あります。当院では、筋肉を温存しながら除圧を行なう低侵襲手術を第一選択としております。通常、手術翌日から歩行開始し、術後1週間程度で退院が可能になります。


背骨のぐらつきが大きい場合には、金属ネジを用いた固定術を行う事がありますが、この際にも徹底して筋肉損傷を避け、出血の少ない術式を選択することで、輸血や長期臥床を回避しています。また、手術に際しては、最新の手術用顕微鏡を用いて、顕微鏡視下の安全な手術を心掛けております。


当センターでは、質の高い医療サービスを通じて、地域医療連携に貢献したいと思います。脊椎疾患に関して、お気軽に当センターへ相談して頂ければ幸いです。

...

石鎚会グループ
    施設のご案内