|お問合せ|サイトマップ文字サイズ変更 小 |中 |大 |




Loading

小児科/アレルギー外来


喘息、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎など、最近アレルギーの病気にかかる人が大変増えてきました。当院小児アレルギー外来は、それぞれのお子さんにあった、できるだけ無理のない予防法や治療法を、お父さん、お母さんと一緒に、まず小児科医が窓口になり、必要に応じて皮膚科、耳鼻科と協力して治療にあたります。

○アトピー性皮膚炎・喘息・アレルギー性鼻炎

アレルギーの病気は我々の日常生活のごく身近なものによって起こります。また生まれ持った体質にも関係しており、日本人の3人から4人にひとりが何らかのアレルギーで悩んでいるとも言われています。一方、この病気はひとりの人が年齢を重ねるとともに、少しずつ違う症状が現れるという特徴があります。ですから、それぞれに現れる症状に対してしっかり治療することと、その人のアレルギーを長い目で一貫してみていくことの両方がとても大切なのです。

○田辺中央病院小児アレルギー外来

★ 専門外来は予約制です ★  *診療時間 14:00~16:30
専門外来(午後) 曜 日 担 当
小児アレルギー外来
近江園
上原
近江園
  • 各医師ともアレルギー全般に精通していますが、
    • 近江園は、特にアトピー性皮膚炎に、
    • 上原は、 特に食物アレルギーに精通しております。

○小児科で扱っているアレルギー

・気管支喘息(いわゆる小児喘息)



長引く、あるいは繰り返す咳の場合、アレルギー、副鼻腔炎、胃食道逆流症などの慢性の病気かもしれません。これらのどれに当たるか、鑑別しながら治療してまいります。いずれの場合も、十分な治療を行うことにより、喘息発作を起こさないように予防していくことが重要です。





・食物アレルギー

「牛乳や卵を食べてぶつぶつが出た」というこどもは多くいます。そういう場合、たいていは除去療法が行われます。しかし、こどもの間はしっかりと栄養をとり、成長させることも大切です。ですから、食物除去は必要最小限であるべきです。当科では、必要に応じて食物負荷テストも取り入れて、除去食解除の判断をしております。





・その他のアレルギー疾患

アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎、中耳炎などは、まず小児科が窓口となり、必要に応じて皮膚科・耳鼻科へ紹介致します。

 

...

石鎚会グループ
    施設のご案内